FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
急変した 福田内閣の姿勢
2008-08-05-Tue  CATEGORY: 政治・経済
福田首相は4日午前、与謝野経済財政相を官邸に呼んで「総合経済対策の骨格を、8月前半にも取りまとめる」よう指示した。同経財相によると、福田首相は「原油や食料価格の高騰による物価上昇と景気の減速に対応するため、持てる政策手段を総動員してほしい」と述べたという。

物価上昇への対応策について、与謝野経財相は「農業や漁業、遠隔地に住む人の燃料負担の軽減、価格転嫁できずに苦しんでいる中小企業の資金繰り支援などを検討する」と説明した。これらの財源については、できるだけ予算の使い残しなどで賄うことにしたい考え。いずれにしても、補正予算は組むことになるだろう。

問題は景気対策。景気の現状認識について、同経財相は就任直後の記者会見で「景気後退は昨年暮れぐらいから始まっていた可能性がある」と述べ、7日に発表する8月の月例経済報告では「景気後退入りの判断を下す」可能性を示唆している。したがって対策の必要性は、十分に理解しているようだ。ただ、その財源と方法については、これから短時間で結論を出さなければならない。

内閣を改造した途端に、福田内閣は経済を最重視し始めた。これはやや驚きでもあるが、大変に結構なことである。だが改造前の内閣では、どうしてこういう動きが出なかったのだろう。たった1週間前、経済閣僚はまだ「デフレだ」「景気は踊り場だ」という見方に固執していた。そこからの急激な変化が、どうもよく判らない。

    ≪4日の日経平均 = 下げ -161.41円≫

    ≪5日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.