FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2008-08-10-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第11章 インフレって、なんだろう? ⑥

インフレが起きる原因は、いろいろあります。たとえば景気のいい状態が長く続くと、人びとの所得が増えて、おカネをたくさん使うようになるでしょう。すると品物やサービスに対する需要が供給を上回るようになって、物価は上昇しやすくなるのです。このように需要が大きくなってひき起こすインフレを、需要インフレと呼んでいます。

逆に供給が不足したときも、物価は上昇します。第一次大戦で負けたドイツの天文学的な大インフレや、終戦直後の日本のインフレなどは、この供給不足インフレの見本でした。モノやサービスに対する需要が大きいのに、供給が追いつかないときに起きるインフレです。

コストの面から起きるインフレもあります。いま世界の国々が悩まされているインフレ傾向は、このコスト・インフレだと言えるでしょう。というのも、原油や食料価格の世界的な上昇に原因があるからです。たとえば小麦の価格が上昇すると、パン屋さんの原価(コスト)は上がってしまいます。そこで食パンが値上げされたというぐあいです。

このほか通貨の発行が多すぎる場合にも、物価は上昇します。通貨の価値が下がれば、相対的にモノの値段が上がると考えればいいでしょう。また外国為替の相場が下がると、その国の輸入物価は上昇してしまいます。この影響でインフレになる場合もあるわけで、このケースを輸入インフレと呼ぶことがあります。
 
                                  (続きは来週日曜日)

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.