FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
総くずれの 4-6月期GDP (上)
2008-08-14-Thu  CATEGORY: 政治・経済
内閣府が発表した4-6月期のGDP(国内総生産)は、実質値が前期比0.6%の減少。年率換算すると2.4%の減少となった。GDPのマイナス成長は昨年4-6月期以来、ちょうど1年ぶり。またマイナス幅は、01年7-9月期以来の大きさだった。内容的にも、かなり悪い。

とにかく、需要項目のすべてが総くずれの形。年率ベースで個人消費は2.1%減、住宅は13.0%減、企業の設備投資も0.9%の減少だった。また輸出は8.9%減少したが、輸入も10.7%減った。この結果、外需の成長率に対する寄与度はゼロとなり、成長率がマイナスになった原因はすべて内需の不振にあることが判明した。

これまで景気回復の主柱となってきた輸出が、アメリカの景気減速で急減。景気を持ち上げる力を失った。その一方で内需も軒並みダウンしたために、景気を押し上げる要素が皆無という状態になってしまった。1年前の4-6月期にも1.7%のマイナス成長になったが、そのときは個人消費と輸出がプラスを記録している。

名目成長率は、前期比の年率換算でマイナス2.7%だった。ガソリンをはじめ多くの品目が値上げされたにもかかわらず、消費支出は1.1%減っている。このためGDPデフレータ-もマイナス1.6%と、いぜんマイナス領域を脱せない。国内需要デフレーターがプラス0.6%までしか上昇しないためである。

                               (続きは明日)

    ≪13日の日経平均 = 下げ -280.55円≫

    ≪14日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.