FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
世界同時不況 の様相に (上)
2008-08-20-Wed  CATEGORY: 政治・経済
世界同時不況の様相が、しだいに濃くなってきた。これから年末にかけて日米欧の主要先進国は、いずれも景気後退局面を迎える公算が大きい。後退期の長さと深さは、新興国の景気動向とアメリカの住宅不況がいつ底入れするか、によって決まってくるだろう。

EU(ヨーロッパ連合)の発表によると、ユーロ圏15か国の実質成長率が99年の通貨統合以来はじめてマイナスに落ち込んだ。4-6月期のGDP(域内総生産)は実質ベースで前期比0.2%の減少。年率換算では0.8%のマイナス成長だった。このうちドイツは前期比0.5%、フランスとイタリアは0.3%の低下を記録している。

成長率が低下した原因は、アメリカ向けを中心に輸出が鈍化したこと。また原油や食料の高騰でインフレ傾向が強まったために、ECB(ヨーロッパ中央銀行)が政策金利を早めに引き上げたこと。このため域内各国では、個人消費や企業の設備投資が伸び悩み始めた。

アメリカはサブプライム(低所得者向け住宅ローン)問題が発生したことから、昨年10-12月期の実質成長率はマイナス0.2%に低下。しかし矢継ぎ早の金利引下げと素早い所得税減税の効果が出て、ことし1-3月期は0.9%、4-6月期は1.9%のプラス成長に戻している。ただ、これらの政策効果はほぼ息切れ。7月以降はゼロないしマイナス成長に陥るという見方が強い。

                               (続きは明日)

    ≪19日の日経平均 = 下げ -300.40円≫

    ≪20日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.