FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-09-01-Mon  CATEGORY: 政治・経済
きょうから9月。今週は1日に8月の新車販売、5日に4-6月期の法人企業統計。アメリカでも2日に8月の新車販売、5日に8月の雇用統計が出る程度。発表予定は少ないが、総合経済対策に必要な1兆8000億円を盛り込んだ補正予算の編成が始まる。

続いて定額減税の規模を決めて、来年度の税制改正と予算編成作業。その結果は、やはり建設国債の増発ということに落ち着きそうだ。そうなると小泉内閣以来の財政再建路線を放棄した、という批判が強まることは必至。そういうなかで解散風も本格的に吹き始めるから、福田首相は信念を持って国民に説明しなければならない。

先週ちょっと驚いたのは、アメリカの4-6月期GDPの改定値。実質の年率換算でプラス3.3%に跳ね上がった。速報値を1.4ポイントも上方修正している。所得税減税の効果で個人消費が1.7%増えたことに加えて、輸出が13.2%も伸びたことが原因。これでGDPからみる限り、アメリカの景気後退入りは当面なくなった。

ダウ平均はこの数字を歓迎して、発表のあった28日は213ドル上昇した。ところが29日は172ドル反落している。こうした株価の動きは、市場が7月以降の景気を相変わらず心配していることの反映だろう。今週のダウは、楽観と悲観のどちらに傾くのか。また兜町は総合経済政策をどう評価するのだろう。

    ≪1日の日経平均は? 予想 = 下げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.