FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
総合経済対策 : 3つの欠点 (下)
2008-09-05-Fri  CATEGORY: 政治・経済
③戦略性の欠如 = 突如として発生した原油や食料の価格高騰。それに対処するための方策だから、いわゆる対症療法になるのはやむをえない。と言ってしまえば、それまでだ。だが原油や食料の高騰に対するもっと根本的な政策手段についても、少なくとも考え方は出すべきだったろう。

たしかに経済対策のなかには、省エネ投資促進のための減税や太陽光発電設備の導入支援といった項目も顔を出している。しかし、これらも対症療法的な感じが強く、バラマキ的な印象は免れない。国民はもっと長期的な構造改革につながる、戦略を期待していた。ここが欠落したために、小泉内閣以来の構造改革路線は終わったという印象を強めることになっている。

たとえばの例だが、いま日本のエネルギー自給率は原子力を含めても18%しかない。これを2020年までに25%に引き上げる戦略。そのための具体的な計画を今年度中に策定するといった宣言。また郵政の民営化、社会保険庁の改革に続く次の行政改革の目標。こうした明確なビジョンを一緒に表明すれば、バラマキの印象も薄れたのではないだろうか。

インド洋の油補給といい、年金記録の不備是正といい、福田内閣は“跡始末”に追われたことは事実である。物価高対策も、まさに跡始末だろう。しかし後継内閣は、もっと前向きに日本をこう変えるのだという戦略を出してもらいたい。それがないと、だれがやっても次の総選挙で自民党の勝利はむずかしくなるだろう。

    ≪4日の日経平均 = 下げ -131.93円≫

    ≪5日の日経平均は? 予想 = 下げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.