FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
最大の問題は、ドル安の進行
2008-09-17-Wed  CATEGORY: 政治・経済
リーマン・ブラザーズの経営破綻で、世界の金融市場が大きく動揺している。なにしろアメリカの証券業界4番目の規模。日本を含む世界30か国に事業展開。グループの従業員数は2万9000人。負債総額は6130億ドル(約63兆7500億円)という大物。アメリカ史上最大の倒産となった。

影響はまず株式市場に波及。15日のダウ平均は504ドルの急落。16日の日経平均は605円の下げ。ヨーロッパでもアジアでも、株価は大幅に値下がりした。各国の政府、中央銀行は対策に大わらわ。資金供給の拡大に全力をあげている。日銀も2兆5000億円を短期市場に供給した。

だが不安は収まりそうにない。アメリカでは保険最大手のAIGが資金難に陥り、株価も暴落している。ほかにも連鎖倒産が発生しないか、各国の金融市場は戦々兢々だ。日本でも、各金融機関の損失洗い出しが始まった。このリーマン倒産の影響は、まだまだ尾を引きそうだ。

もちろんアメリカの実体経済に与える打撃は、きわめて大きい。景気はさらに冷え込み、日本経済への悪影響もこれからじわじわと出てくるに違いない。しかし、もっと大きな問題はドルがどこまで売り込まれるかだろう。もしドル安の進行を阻止できなければ、世界経済は大混乱に陥る危険がある。主要国による為替の協調介入は、不可避の情勢である。

    ≪16日の日経平均 = 下げ -605.04円≫

    ≪17日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.