FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- GDP と 経済成長 ⑨
2008-09-27-Sat  CATEGORY: 政治・経済
9)1人当たりでは18位 = GDPは人間が経済活動をした結果として生まれた付加価値の集積だから、基本的には人口の多い国の方が大きくなりやすい。そこでGDPを人口で割ってみれば、国民1人当たりの付加価値が算出される。この1人当たりGDPの方が、国民の経済力や生活水準を表わしていると言えるだろう。

OECDの集計によると、米ドルに換算した06年の1人当たりGDPで第1位はルクセンブルク。金額は8万9840ドルだった。続いてノルウェー、アイスランド、アイルランド、スイスの順。アメリカは第7位、イギリスは第11位、フランスは第16位。日本はドイツの次で、第18位だった。金額は3万4252ドル。

問題はこのところ、日本の順位が急速に下がっていることだ。たとえば03年には第9位だったが、わずか3年の間にイギリス、カナダ、フランス、ドイツなど9か国に追い抜かれてしまった。OECDに加盟している30か国のなかで、1人当たりGDPがほとんど伸びていないのは日本だけである。

為替相場の影響をなくして見るために、円表示の1人当たりGDPを出してみると、結果はもっと悪い。06年の金額は398万3000円だが、この金額は97年の408万9000円を下回っている。この統計からみる限り、最近の10年間は国民の生活水準が全く向上していないと言える。

                             (続きは来週サタデー)

    ≪26日の日経平均 =下げ -113.37円≫

    【今週の日経平均予想 = 2勝2敗】 

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.