FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
「全治3年」後に、どうなるのか?
2008-09-30-Tue  CATEGORY: 政治・経済
麻生新首相の所信表明をテレビ視聴した。全体として新鮮な感じはしたが、経済問題では大きな疑問点が残ってしまった。新首相は日本経済の再生を①景気対策②財政再建③改革による成長――の3段階に分け、これらにメドを付けるのに3年、つまり「全治3年」の持論を展開した。

第1段階の景気対策については、緊急総合対策と年度内に定額減税を実施すると断言。ここで言う緊急対策は、政府が29日に国会に提出した補正予算のことだろう。この補正予算は1兆8000億円ほど。もともとガソリン価格の急騰で苦境に陥った中小企業や漁業者を救済するための対症療法だ。定額減税を含めても、景気浮揚効果は成長率を1%引き上げる力もない。

「まずは景気対策」と言うわりに、景気浮揚策の具体的な内容がない。まさか今回の補正予算と定額減税で、景気が立ち直ると考えているわけではないだろう。そんな程度の景気後退なら、全治3年もかかるはずがない。問題はもっと深刻だが、その現状認識については全く触れなかった。だから逆に言うと「全治3年」で、何がどこまで治るのかがよくわからない。

もう1つは、3段階の考え方。景気が回復したら、財政再建を考えるという。では3段階目の改革はそのあとになるのか。そんな悠長なことで、経済は再活性化できるのか。今後の国会討論で、この辺の考え方はもう少し明らかになるのかもしれないが、所信表明演説を聞く限りでは、このあたりが麻生首相のウイークポイントかもしれないという気がした。

    ≪29日の日経平均 = 下げ -149.55円≫

    ≪30日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.