FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
素早く行動した 英仏独伊
2008-10-07-Tue  CATEGORY: 政治・経済
イギリス、フランス、ドイツ、イタリアの4か国首脳がパリに集まり、金融不安対策を検討した。終了後の共同声明では「金融システムの安定確保に必要なあらゆる措置を講じる」と宣言している。具体的には、金融機関や格付け会社に対する監督の強化、預金保険の拡充、中小企業向け融資の拡大、時価会計制度の見直しなどを決めている。

特に注目されるのは、財政協定の一時停止を容認したこと。この協定は、ユーロ圏各国が財政赤字をGDPの3%以内に収めることを義務づけたもの。つまり金融危機に対処するためには、財政の一時的な悪化もやむをえないという大胆な決断である。また4か国首脳は、日米を含む緊急のサミット(主要国首脳会議)の年内開催を提案した。

金融機関を救済するための基金設立は合意できなかったと、新聞各紙はややケチを付けている。だが、これは最初からムリな話。税金を使って、他国の金融機関を救済するわけにはいかないだろう。それよりも4か国首脳が素早く行動したことは、賞賛されていい。会議終了後、ドイツは個人預金の全額保護と大手不動産金融会社への救済策を発表した。

日本はどうだろう。サブプライムの影響が比較的小さかったので、安心してはいないだろうか。問題は金融危機から世界不況へと発展している。まだ11年に基礎的財政収支を均衡できると考えているのだろうか。時価会計はどうするのか。本格的な景気対策は。緊急サミットに出席したら、日本の首相は何を主張するのか。ヨーロッパの4か国に比べるまでもなく、行動が遅すぎる。

    ≪6日の日経平均 = 下げ -465.05円≫

    ≪7日の日経平均は? 予想 = 下げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.