FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-10-14-Tue  CATEGORY: 政治・経済
先週の株価は、日米ともに底なし沼に引きずり込まれた。ニューヨーク、東京ともに5営業日のすべてで下げ。ダウ平均は1874ドル、日経平均は2662円の大暴落となった。アメリカとヨーロッパ主要国の協調利下げも、まったく効果なし。週末になって、G7(7か国の財務相・中央銀行総裁会議)が大手銀行への公的資金注入という最後の切り札を行動計画として発表したが・・・。

今週のポイントは、もちろん株価が下げ止まる気配を見せるかどうか。アメリカ政府は今週中に、金融安定化法による不良債権の買取りについて、なんらかの具体的な方針を明らかにするだろう。ただ銀行に対する資本注入の具体案がまとまるかどうか。まとまれば株価にとっては、かなりの安心材料になる。

アメリカでは14日にインテルやペプシコ。15日にはJPモルガンチェースとウェルスファーゴ。16日にはIBM、シティグループ、メリルリンチなどの決算発表が予定されている。内容はみな芳しくないだろうが、市場がこれらを織り込み済みと考えるかどうかが焦点。資本注入策の具体化と決算への反応しだいでは、ダウ平均がいったんは底入れの形を見せる可能性もある。

国内では、14日に9月・企業物価と消費者動向調査。17日に8月・第3次産業活動指数。いずれも株価にとってプラス材料にはならないが、いまさらマイナス材料にもならないだろう。東京が休みの13日にダウが落ち着けば、日経平均も一応は底入れするかもしれない。

    ≪14日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.