FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 団塊世代の解析 ①
2008-11-01-Sat  CATEGORY: 政治・経済
1)その誕生 = 1945年(昭和20年)8月15日、第2次世界大戦が終結した。その終戦を外地で迎えた日本人は、軍人・軍属・一般人の合計で600万人以上。これらの人たちは45年11月から47年の夏にかけて、続々と本土に復員した。その大部分は男性である。

そして当然の成り行きとして結婚ブーム。続いて出産ブームが巻き起こった。47年から49年にかけての3年間に生まれた赤ん坊は806万人。その前後の出生数と比べて、異常に多かった。この人数的に突出した世代を、作家の堺屋太一氏が「団塊の世代」と名付けたのである。団塊は、もともと鉱物の塊りという意味だ。

この現象は、日本ばかりのものではない。敗戦国のドイツやイタリア、戦勝国のアメリカ、イギリス、フランスにも「団塊の世代」は出現した。ちなみに英語では、ベビーブーマー(Babyboomer)と呼ばれている。

いま日本の団塊の世代はサラリ―マンの場合、いっせいに定年の時期を迎えている。人口が多い年代というだけで、通り過ぎてきた一つ一つの時代に強烈なインパクトを与えてきた人たち。それがこんどは現役から引退して行く過程で、いろいろな方面に大きな影響を与えつつある。

                                 (続きは来週サタデー)

    ≪31日の日経平均 = 下げ -452.78円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝1敗】

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.