FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
ユーロ圏15か国、財政均衡目標を断念
2008-11-07-Fri  CATEGORY: 政治・経済
ECB(ヨーロッパ中央銀行)は6日の理事会で、政策金利を0.5%引き下げ年3.25%とすることを決めた。10月8日の協調利下げから、ほぼ1か月。矢継ぎ早の金利引き下げは、異例ともいえる措置である。一方、ユーロ圏15か国の財務相は3日夜の会合で、2010年をメドに財政均衡を目指す中期目標を断念することで一致した。

EU(ヨーロッパ連合)はユーロ導入国に対して、財政赤字をGDP(国内総生産)の3%以内に抑えることを義務付けている。さらに10年までに単年度の財政赤字をなくす、中期目標も定めていた。しかし景気対策の実施が不可欠の情勢となったことから、この中期目標を思い切って棚上げした。

ユーロ圏の実質成長率は4-6月期に前期比マイナス0.2%と、99年に通貨を統合して以来はじめてマイナス成長を記録。7-9月期の見通しもマイナス0.1%となっている。ヨーロッパ委員会は11月3日、ユーロ圏の景気後退入りを確認。ただちに財政・金融の両面から景気対策を打ち出すことで合意した。これを受けてドイツは5日、減税を中心とする500億ユーロの財政出動を決定している。

アメリカもオバマ次期大統領の意向を受けて、年内にも1500億ドル前後の景気対策を議会に提出する方向だと伝えられる。これによって欧米先進国は、かなり本格的な景気対策を実現させることになる。そうしたなかで、日本は5兆円という腰だめ的な追加対策。それも年内に国会に出せるかどうかわからないという有様。どうも周回遅れになってきたような感じがする。

    ≪6日の日経平均 = 下げ -622.10円≫

    ≪7日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.