FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
瀬戸際の ゼネラル・モーターズ (上)
2008-11-26-Wed  CATEGORY: 政治・経済
かつては世界最大の自動車メーカーとしてアメリカ経済に君臨したGM(ゼネラル・モーターズ)が、経営破綻の瀬戸際に立たされている。07年の販売台数は937万台、売上高は1811億ドル、従業員数は25万人。なおかつ巨大なこの会社の株価は3ドルを割り込んだ。破綻すれば、その影響はきわめて大きい。

GMの手元資金は、9月末で162億ドルにまで落ち込んでいる。7―9月期の資金流失額は69億ドル。販売奨励金の支払いにも、遅延が出始めた。このままだと、来年早々にも資金不足に陥る公算が強い。ブッシュ政権はすでにビッグスリーに対する総額250億ドルの低利融資を決め、議会も可決している。だが、これはエコ・カーの開発に使用目的が限定されているから、当座の資金繰りには使えない。

このためGMはフォード、クライスラーとともに、政府・議会に対して低利のつなぎ資金融資を要請。この要請を受けて、民主党は新たに250億ドルを支出する法案を議会に提出した。ところが政府や議会の反応は予想以上に厳しい。共和党だけではなく、民主党からも反対の声が続出している。

先週そのために開いた議会の公聴会で、出席したビッグスリー首脳の評判は散々だった。GMのワゴナー会長らが表明した再建計画に対する不満が、多くの与野党議員から噴出。結局は12月2日に再建計画を出し直すことになった。年内に法案が成立するかどうかは微妙な情勢であり、連邦破産法の適用も視野に入ってきた。

                                  (続きは明日)

    ≪25日の日経平均 = 上げ +413.14円≫

    ≪26日の日経平均は? 予想 = 下げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.