FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-12-08-Mon  CATEGORY: 政治・経済
アメリカ経済の悪化が止まらない。11月の雇用者数は、前月より53万3000人の減少。石油ショック時以来、34年ぶりの大幅な減少となった。新車の販売台数も前年比36.7%の減少、26年ぶりの低水準に。10月の一戸建て新築住宅販売件数も、前年比40.1%の減少だった。すさまじいとも言える落ち込みぶりである。

ダウ平均株価は5営業日連続して上げたあと、こうした経済指標の発表を受けて、先週は194ドルの反落となった。ただ、そうした流れのなかで「オヤッ」という動きも見受けられた。それは雇用統計の数字が予想より悪かったにもかかわらず、5日の株価が後場から盛り返して結局259ドル上昇したこと。

株価が切り返した理由は、原油価格が1バレル40ドル台にまで下落したことを好感したもの。これまでは原油価格の下落を景気後退の結果だと受け止めてきた市場が、原油の値下がりは個人消費の増加と企業のコスト低下につながると期待したためだという。最近は影を潜めていた楽観的なものの見方が、ちらりと顔を出したようにも感じられた。

今週、国内では8日に11月の企業倒産と景気ウォッチャー調査。9日には7-9月期のGDP改定値、10月の景気動向指数。10日には10月の機械受注が発表になる。東京市場でも、なにか楽観的な見方が現れるといいのだが。

    ≪8日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.