FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
間の抜けた 消費税論争 (下)
2008-12-17-Wed  CATEGORY: 政治・経済
なぜ間が抜けているかというと、麻生首相も与党税調も消費税引き上げを可能にするための経済条件を、きちんと規定していないからだ。麻生首相と与謝野経済財政相は「3年後に景気がよくなれば」と言っている。与党税調の大綱も「経済状況の好転後」と書いている。

だが「景気がよくなる」「経済の好転」とは、なにを指すのだろう。たとえば、いまマイナス成長に陥っているGDP(国内総生産)がプラスになればいいのか。あるいは2-3%程度の成長率になることを想定しているのか。この点がはっきりしなければ、“3年後”と明記することの是非を論じても、あまり意味がないように思われる。

また消費税を引き上げるには、法案を作って国会で審議しなければならない。現実にそういう動きが出れば、それだけで景気は冷やされる公算がきわめて強い。法案が出るまではプラス成長だったが、出たらマイナスに落ち込んだとき、それでも増税は実施するのだろうか。

そう遠からぬうちに、総選挙があることは確実だ。各党は国民に対する公約をマニフェストとしてまとめるが、そのときには消費税引き上げの前提条件を具体的に書いてほしい。どうにでも解釈できる曖昧な条件のままで、財政再建の“錦の御旗”は守りますと言われても、有権者はその是非を判断するわけにはいかない。

    ≪16日の日経平均 = 下げ -96.64円≫

    ≪17日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.