FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
家計の金融資産、81兆円も減る
2008-12-19-Fri  CATEGORY: 政治・経済
日銀の集計によると、家計が保有する9月末の金融資産残高は1467兆円だった。1年前の保有残高と比べると、80兆9000億円も減少している。減少率は5.2%にのぼり、日銀が統計をとり始めた79年以来で最大となった。その原因の6割近くが、株価の下落による株式や投資信託の評価損だった。

株式の評価額は67兆4000億円、1年前より32兆4000億円減った。また投資信託は58兆8000億円で、これも13兆9000億円減っている。その半面、家計は現金・預金を前年より8兆7000億円ふやし、保有額は778兆7000億円となった。このうち定期預金は450兆円、前年より6兆9000億円ふえている。

家計の金融資産残高は、05年12月に初めて1500兆円に達した。その後も増え続けて、07年6月には1571兆円でピーク。そこからは減少傾向に入っている。このピーク時の日経平均は1万8000円を超えていた。それが昨年9月末の株価は1万6786円、ことしの9月末は1万1260円となっている。こうした数字からみても、家計の金融資産は株価に左右される度合いの大きいことが判る。

9月中旬に発生したリーマン・ブラザーズ破綻の影響を受けて、株価はさらに値下がりした。いま日経平均は8600円前後。したがって家計の金融資産は、いっそう減少しているものと思われる。その影響は、個人による消費支出の減退となって現われるだろう。この点からも、株価の一日も早い底入れ確認が期待される。

    ≪18日の日経平均 = 上げ +54.71円≫

    ≪19日の日経平均は? 予想 = 下げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.