FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
新年度予算案 : 2つの欠点 (上)
2008-12-24-Wed  CATEGORY: 政治・経済
09年度予算の財務省原案をみると、一般会計の総額は88兆5000億円で過去最大。前年度の当初予算に比べて5兆5000億円増えた。その一方、不況の影響で税収は7兆5000億円も減少する見込み。この過不足を、新規国債の発行増8兆円といわゆる埋蔵金の流用5兆5000億円で手当てした恰好になっている。

そのやりくりには苦労の跡も見受けられるが、マスコミなどの評価はあまりよくない。たとえば日経新聞は「不況脱出への戦略が見えない」と論じ、読売新聞は「埋蔵金と赤字国債が頼りとは」と嘆いている。また朝日新聞も「予算、発想変える時」と警告した。

麻生首相も陣頭指揮した新年度予算。どうも評判が悪いのは、2つの大きな欠点があるからだ。その第一は、景気対策の概念が全く曖昧なこと。不況時の財政政策は「不況によって生じた被害の救済」と「景気回復のための刺激策」の両方が必要である。ところが新年度予算案では、それが混同されてしまった。

その最初の萌芽は、定額減税をめぐるドタバタ劇に見受けられた。不況によって生活が苦しくなった人たちへの救済措置なのか、景気を回復させるための減税なのか。はっきりしないままに決定したから「金持ちは辞退すべきだ」という議論にまで発展してしまった。新予算案は支出が大きい割に「景気刺激策」に乏しい。これが最大の欠点であり、国民を不安にしている。

                                 (続きは明日)

    ≪24日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊    
                          

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.