FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2008-12-29-Mon  CATEGORY: 政治・経済
大波乱の2008年が暮れて、新しい2009年が始まる。まだ明るい光が射し込んできたわけではないが、世界経済の秩序回復に向けた動きは必ず現われるだろう。特に1月20日には、アメリカの新大統領に民主党のオバマ氏が就任する。その政策への期待から、アメリカ国内の経済に対するムードにも変化が生じるにちがいない。

30日は大納会。暦の関係で1月5日の大発会まで、長い休場が続く。ドイツやイタリア、韓国などの市場も31日からは休場するところが多い。この間、国際情勢ではイスラエルとハマスの紛争が気がかりだが、突発的な大規模テロでも起らないかぎり大発会は比較的に平穏な空気のなかで迎えられそうだ。

先週、ダウ平均は64ドルの下げ。低調に終わったクリスマス商戦が影響した。日経平均は151円の上げ。円高の一服で安心感が高まり、1か月半ぶりの高値引きになった。両市場とも休日をはさんだ4日間の営業だったが、1日の値動きがきわめて小さくなったことが特徴的。

アメリカでは30日に、10月の住宅価格指数と12月の消費者信頼感指数。1月2日には、12月の製造業景況感指数が発表になる。これらの結果はすでに織り込み済みで、ダウ平均や円相場に大きな影響を与えることはないだろう。ただ1日からOPEC(石油輸出国機構)が日量220万バレルの減産を始めることには、やや注意が必要かもしれない。

    ≪29日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


  ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊    
                          


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.