FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
月とスッポンだ : 日米の景気対策 (上)
2009-01-14-Wed  CATEGORY: 政治・経済
オバマ景気対策の内容が、ほぼ明らかになった。財政支出の規模は、2年間で7750億ドル程度。必要に応じて8500億ドルまで拡大する。日本円に換算すると、70兆円-76兆5000億円という大きさ。過去8年間のイラク・アフガン戦費が約8500億ドルというから、半端な数字ではない。この対策によって、2年後の実質成長率を3.7%押し上げ、300万人の雇用創出をねらう。

このうち3000億ドル(約27兆円)は減税に充てる。中間所得層の所得減税と、企業に対して設備投資減税と雇用促進減税を実施。重要な道路や橋を中心に大型公共事業も行なうが、公共事業のバラマキはしない。また200万世帯の住宅を省エネ化し、3年で代替エネルギーの生産を倍増する。さらに高速ネット網の整備、科学・医療分野への研究開発支援など、潜在成長力アップにつながる対策にも力を入れる。

この結果、09年度の財政赤字は前年度の2.6倍。過去最悪の1兆2000億ドルにふくれ上がる見通しだ。この点に関して、オバマ次期大統領は財政規律を厳しく監視する委員会を新設して、行政のムダを徹底的に排除すると述べている。また歳出のすべてをネットで公開し、一般市民も財政規律の監視に参加できるようにする方針。

オバマ氏は来週20日に、大統領に就任する。その前に、これだけの景気対策を発表するのは異例なこと。現在の不況に対処するためには、いかにスピードが大事かを考えているからだ。そして議会に対して、これらの対策に必要な法案を2月の前半までに成立させるよう強く要請した。議会もこれに応えて、きのう13日から審議を開始した。

                                  (続きは明日)

    ≪13日の日経平均 = 下げ -422.89円≫

    ≪14日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊    
                          






ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.