FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
月とスッポンだ : 日米の景気対策 (中)
2009-01-15-Thu  CATEGORY: 政治・経済
わが日本国の景気対策を、整理してみよう。最初は福田前内閣が8月末に決定し、麻生内閣になってから10月の臨時国会で成立した08年度の第1次補正予算。いわゆる総合経済対策と呼ばれるもので、財政支出は1兆8000億円。だが、この対策は原油価格の異常な高騰で苦しくなった農業、漁業、運輸業の経営支援が目的で、景気対策という考え方から打ち出されたものではなかった。

次は、いま国会で揉めている08年度の第2次補正予算案。財政支出は生活対策に4兆6880億円、雇用対策に1600億円で、合計4兆8480億円。そのうちの半分近くが、問題となっている2兆円の定額給付金だ。あとは生活安心確保や小規模企業の支援などに使われる。成長力強化という項目もあるが、予算額は321億円にすぎない。

第3は、09年度予算案。総額は88兆5480億円で、前年度比6.6%の増加。このうち政策経費に使われる一般会計支出は51兆7310億円で、前年度比9.4%の増加となっている。大型予算であることに間違いはないが、政策経費のうち社会保障費が14.0%の伸び、中小企業対策が7.3%の伸びを占めている。公共事業費は5.0%、科学技術振興費は1.1%の増加にとどまっている。

この3つの予算を通じて、景気対策と言えそうな項目への支出合計は、大きく見積もっても12兆円ほど。政府は事業規模にすれば75兆円にもなると宣伝しているが、これは誇大広告もいいところ。仮にそうなら、政府自身が09年度の成長率をゼロと見込むはずはない。

                                   (続きは明日)

    ≪14日の日経平均 = 上げ +24.54円≫

    ≪15日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊  
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.