FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 団塊世代の解析 ⑬
2009-01-31-Sat  CATEGORY: 政治・経済
13)そのジュニア② = 団塊ジュニアが社会に出たころから、日本経済は低成長期に入ってしまった。親の団塊世代がほぼ右肩上がりの経済発展を享受したのに比べると、経済環境には恵まれなかったと言えるだろう。この結果、収入の伸びは小さく、貯蓄の額も比較的に少ない。

総務省の家計調査で調べてみると、団塊ジュニアがちょうど真ん中に位置する30-39歳のサラリーマン家庭の07年の平均年収は591万円。貯蓄残高は651万円だった。しかし住宅ローンなどの負債も多く、貯蓄から負債を差し引いた純貯蓄額はマイナス184万円になっている。

同じ調査で、40-49歳の平均年収は762万円、貯蓄額は1103万円。さらに50-59歳では年収が839万円、貯蓄が1563万円だった。働いた年数が長いから、年上の人たちが経済的に裕福なのは当然だが、最近は低成長と不況の連続で給与も上がらなくなっている。団塊ジュニアやそれ以降の若者が40歳代、50歳代に達したときの収入や貯蓄はどうなるのだろうか。

団塊ジュニアはまた、未婚率も比較的に高い。05年の統計では、35-39歳で男性が30.0%、女性が18.4%の未婚率となっている。さらに結婚年次も上がり、共働きも一般化した。この結果、団塊ジュニア世代の出生率はあまり上がらず、本来なら2002年ごろと予想された第3次ベビーブームは到来しなかった。

                       (団塊世代の解析 は終わり)

    ≪30日の日経平均 = 下げ -257.19円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊    
                          



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.