FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
最大の試練に : EU 経済 (下)
2009-02-06-Fri  CATEGORY: 政治・経済
不況による失業の増大で、EU諸国ではデモやストが頻発している。スペインでは自動車産業の労働者、フランスでも官公労を中心とする労働者の大規模なデモが発生。またイギリスでは石油精製関連の労働者がストに入った。経済危機は、社会問題にまで発展しつつある。

こうした経済・社会情勢を背景に、為替や株式の値下がりも目立ってきた。ユーロ相場は、対ドルで昨年9月以降13%以上の下落。円に対しても7月の高値169円から、最近は113円前後にまで下げている。英ポンドも対ドルでは23年ぶりの安値、円に対しても一時の250円から最近は一時118円台にまで急落した。株価もことしに入って、ヨーロッパ勢の下落が目立っている。

ヨーロッパ経済の凋落は、今回の世界的な不況が想像以上に厳しいことの現われだろう。だがヨーロッパ経済には、固有の問題も2つある。1つはEUやユーロ圏が、参加国を急速に増やしすぎたこと。相対的に経済力の弱い国が参入したために、全体としての不況抵抗力も低下してしまった。

もう1つは、財政政策の問題。ユーロ圏についての金融政策は、ECB(ヨーロッパ中央銀行)が全権を与えられて対応している。しかし財政政策は各国の独自マタ-。自国民の税金を使う問題だけに、足並みを揃えることがむずかしい。100年に1度の金融危機・大不況を乗り切るために、ヨーロッパが結束を守れるか。経済統合以来、最大の試練を迎えていることは間違いない。

    ≪5日の日経平均 = 下げ -89.29円≫

    ≪6日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊    
               
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.