FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
米国を追い越す!? 日本の不況 
2009-02-03-Tue  CATEGORY: 政治・経済
アメリカ経済の急速な冷え込みが、GDP(国内総生産)統計で再確認された。商務省の発表によると、昨年10-12月期の実質GDPは前期に比べ年率換算でマイナス3.8%となった。7-9月期のマイナス0.5%から急激に悪化。82年1-3月期以来、27年ぶりの大幅なマイナス成長である。

内容をみると、個人消費は3.5%、設備投資は19.1%、住宅投資は23.6%、輸出は19.7%と、いずれも前期より減少。需要項目は総崩れの状態になっている。民間の調査機関は、1-3月期も4%程度のマイナス成長が続くと予測。今回の景気後退は戦後最長になるという見方が、各方面に広がっている。

ひるがえって、わが日本の状態はどうか。12月の輸出は前年比35.0%減、生産は20.6%減。失業率は4.4%に急上昇、家計の消費支出は4.6%の減少。これらの数字をもとに、民間調査機関は昨年10-12月期の実質成長率を予測しているが、その平均値はなんとマイナス12.3%だという。アメリカの3倍を超える落ち込み方だ。

10%を超えるマイナス成長! これまで日本は、先進国のなかでも金融危機の影響がいちばん軽いと考えられてきた。しかし、こうした数字が公表されれば、日本の状況はアメリカよりも重症だという認識が内外で高まるに違いない。そうしたなかで、08年度の第2次補正予算さえ成立しない日本の政治に対する失望感も爆発するだろう。問題の昨年10-12月期のGDPは、2月16日に発表される。

    ≪2日の日経平均 = 下げ -120.07円≫

    ≪3日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊    
               



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.