FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 悪夢の自動車産業 ②
2009-02-14-Sat  CATEGORY: 政治・経済
2)墜落した販売台数① = 悪夢は、やはりアメリカから始まった。毎月の新車販売台数をさかのぼってみると、アメリカでは前年比の減少が07年11月に始まっている。そこから現在まで、1年以上も減少の連続。08年の販売台数は1324万台、前年比で18%の減少となった。ピークだった2000年に比べると、400万台も落ち込んでいる。

特に08年10月以降は、毎月30%を超える減少ぶり。減少と言うよりは、落下に近い下降である。ことし1月も65万7000台、前年比で37.1%も落ちた。なかでもGMは48.9%減と、ほぼ半減。また月間の新車販売台数で、アメリカは初めて中国に抜かれた。

アメリカの場合、最初のうちの売れ行き不振は、ガソリン価格の高騰で大型車が敬遠されたことが原因だった。昨年秋からガソリン価格は下がり始めたものの、こんどは金融危機と不況が追い討ちをかけた形となっている。

アメリカ発の金融危機と不況は、やや時間をおいてヨーロッパにも飛び火した。ヨーロッパ28か国の新車販売は、08年5月から減少が始まる。08年の販売台数は1471万台。前年比では7.8%の減少にとどまった。しかし昨年11月から減少率は20%前後に拡大している。国別でみると、いちばん大きく減ったスペインの08年の販売台数は、前年比28.1%の減少だった。

                            (続きは来週サタデー)

    ≪13日の日経平均 = 上げ +74.04円≫

    【今週の日経平均予想 = 1勝3敗】   

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊    
                       
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.