FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
配慮に欠けた朝日新聞
2006-12-26-Tue  CATEGORY: 政治・経済
きょうの朝日新聞朝刊。名物コラム「天声人語」では、内閣府が開設した「感どうする経済館」での体験を軸に、すさまじい勢いで増えてゆく国の借金を、例によって軽妙なタッチで紹介していた。その額は773兆円。

ところが9面には「国の借金 過去最大」という見出しの発表記事を載せていた。その借金の額は9月末で827兆円。国民1人あたりの借金は約648万円になったとも書いてある。どうして借金の総額がこんなに違うのだろう。

実は827兆円の方は、国債+借入金+政府短期証券の合計だ。天声人語が紹介していた773兆円は、おそらく国債+借入金だけの数字。つまり短期債務を除いた金額のようだ。

だから朝日新聞が間違ったわけではない。しかし2つの記事を読んだ読者の多くは混乱しただろう。新聞の編集としては、やや配慮に欠けていた。

と同時に政府も国の債務については、いろいろな数字を出しすぎる。長期債務だけだったり、短期も含めたり。さらに国と地方の合計まで発表するから判りにくい。一考を要するだろう。

   ≪26日の日経平均 = 上げ≫

   ≪27日の日経平均は? 予想=上げ

   Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.