FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2009-02-16-Mon  CATEGORY: 政治・経済
きょう16日の朝、昨年10-12月期のGDP(国内総生産)統計が発表された。結果は年率換算した実質成長率の前期比が12.7%のマイナス。2ケタのマイナス成長は予想通りだが、現実にこんな数字が出てくるのは、やはりショッキングだ。今週はこの結果についての評価と、景気対策の遅れに対する批判で持ちきりになるだろう。

これで少なくとも昨年10-12月期に関する限り、日本の不況はアメリカやヨーロッパ諸国よりも深刻なことが明らかになった。麻生首相は先日の国会答弁で「日本の経済状態は欧米より悪化の程度が軽い」と答弁したが、この発言がまた大きな問題になる可能性もある。

アメリカでは先週、上下両院が総額7870億ドル(約72兆5000億円)の景気対策法案を可決した。ところが、その前に財務省が公表した金融安定化策に対する疑問が尾を引いて、ダウ平均は大幅に値を下げている。今週は17日がビッグスリーによる経営改善計画の提出期限。フィアットとクライスラーの提携計画も公表される。議会やウォール街が、これらをどう評価するのか。

17日には12月の第3次産業活動指数。20日には12月の全産業活動指数が発表される。アメリカでは、18日に1月の住宅着工件数、鉱工業生産。19日には1月の卸売り物価とコンファレンスボードの景気先行指数。20日には1月の消費者物価が発表になる。

    ≪16日の日経平均は? 予想 = 下げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊 

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.