FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 悪夢の自動車産業 ④
2009-02-28-Sat  CATEGORY: 政治・経済
4)壊滅的な輸出 = 海外市場の急激な収縮によって、日本の自動車輸出は壊滅的な打撃を受けている。日本自動車工業会の集計によると、1月の四輪車輸出は23万3859台。前年同月比では59.1%の減少を記録した。このうち乗用車だけをみると、輸出台数は20万0347台。前年比60.9%の減少だった。

昨年の輸出は、9月まで高水準を保っていた。ところが10月からは、急な坂を転げ落ちるよう。11月は約20%、12月は35%と減少率が拡大。ことし1月は、実に6割減にまで縮小している。各メーカーも金融不安の広がりで海外市場での売れ行き不振は覚悟していたが、実際はその予想をはるかに上回る強烈なものとなった。

1月の乗用車輸出を地域別にみると、アメリカは前年比72%、ヨーロッパは63%、アジアも55%という減少ぶり。中近東や中南米、アフリカ、大洋州も軒並み35-60%の減少となっている。日本の場合、国内の自動車生産に占める輸出の割合は、08年の実績で58.2%まで増大している。それだけに輸出の急減による打撃は大きい。

メ-カー別の成績でも、トヨタの1月の乗用車輸出台数は7万9269台で、前年比58%の減少。日産は2万0568台で、66%減。ホンダは3万2934台で、46%減。スズキは1万6545台で、57%減などとなっている。各社ともに現地での在庫が積み上がったため、現地と国内生産の大幅な絞り込みを余儀なくされているのが現状だ。

                              (続きは来週サタデー)

    ≪27日の日経平均 = 上げ + 110.49円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝1敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊 

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.