FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 悪夢の自動車産業 ⑤
2009-03-07-Sat  CATEGORY: 政治・経済
5)徹底した生産調整① = 昨年秋からの販売激減に直面した自動車メーカー各社は、ただちに徹底的な生産調整に踏み切った。日本自動車工業会の集計によると、1月の国内生産は四輪車が57万6539台。前年同月に比べると40万台、率にして41.0%の減産である。このうち乗用車は49万4843台、41.2%の減少だった。

販売は国内でも海外でも、昨年秋から急減した。乗用車の実績でみると、1月の国内販売と輸出を合計した台数は35万5000台。昨年1月の72万6000台に比べると、半分以下に減っている。昨年の前半は国内販売も輸出も絶好調、各メーカーはフル操業を続けていた。それが数か月の間に急転、生産調整に明け暮れることになる。

ただ乗用車のなかでも、軽四輪車だけはやや様子が違っている。1月の生産台数は11万9000台で、前年比は9.4%の増加だった。これは国内販売の減少幅が小さいこと、それに輸出がほとんどないという軽自動車の特色が幸いした。たとえば1月の国内販売は10万2000台で、前年比3.9%の減少にとどまっている。

メーカー別に1月の生産動向をみると、トヨタが18万8000台で前年比40.9%減、日産は3万9000台で61.3%減、ホンダも7万5000台で23.2%減。また軽自動車が主体のスズキは6万7000台で24.2%減、ダイハツは5万2000台で唯一4%の増加だった。

                                 (続きは来週サタデー)

    ≪6日の日経平均 = 下げ -260.39円≫

    【今週の日経平均予想 = 5勝0敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊    
                         
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.