FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2009-03-08-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第13章 少子化って、なんだろう? ⑨

日本の人口はすでに減り始めていて、これからも減り続けます。人間の数が少なくなると、どうなってしまうのでしょう。電車やバスに乗る人が減って、混雑しなくなる。車の渋滞もなくなるでしょう。それはプラスかもしれませんが、もっと大きなマイナスの影響が出てくるのです。

その一つは、働く人たちが減ってしまうこと。先週のこの欄で勉強したように、満15歳から64歳までの生産年齢人口が減少してしまうのです。生産年齢人口というのは、いわば“働き盛り”の人たちの人数。07年には8301万人いましたが、55年には4595万人に減る見込みです。モノを作る人、運ぶ人、売る人。働く人の数が減れば、、経済の活動はそれだけ縮小してしまうでしょう。

総人口も確実に減って行きます。05年には1億2777万人だった人口は、55年には8993万人に減る見込みです。食料や衣類を買う人、家を建てる人、旅行をする人。こういう人たちも減ってしまいますね。こういう面からも、経済は縮小して行く可能性が大きいと言えるでしょう。

経済というのは、人間が働き、それによって得たおカネを使うことで成り立っています。働く人の数が減り、使うお金も少なくなってしまう。日本にとっては、最大の問題であることに間違いありません。いまのうちから、いろいろと対策を考えて実行して行くことが非常に大切です。

                                 (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊 





ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.