FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
破産への道を走り出した GM (下)
2009-03-13-Fri  CATEGORY: 政治・経済
昨年9月、ブッシュ前政権は大手証券リーマン・ブラザーズを支援せずに倒産させた。このことが金融危機を燃え上がらせる原因になったという反省から、オバマ政府は大金融機関は支援するという原則を貫いている。そのうえ自動車まで支援すると、アメリカの中核的な2つの産業が国有化に近い状態に置かれることになる。それに対する各方面からの批判や抵抗も小さくはない。

だが仮にGMやクライスラーが破産法11条の適用を受けるとなると、その影響はきわめて大きい。まず新しい再建計画では、非常に厳しい債務の圧縮とリストラの断行が必須となる。メーカーに対して債権を持っている部品会社やディーラーは数多く、苦境に追い込まれる企業も続出するだろう。これらのなかには、日本の部品メーカー300社も含まれる。

メーカー本社とこれらの関連企業には、300万人を超える人びとが働いている。そのうちの何割かが削減され、大量の失業者が発生することは避けられない。オバマ政府はこれらの問題を背負い込まなければならないし、多くの債権者やUAW(全米自動車労連)を敵に回すことになるかもしれない。

このように破産法11条の適用についても、そのデメリットは大きい。最終的にはオバマ大統領の政治決断ということになるだろう。その結果はまだ不明だが、すでにGM社内では先行きを読んで破産法の選択に傾いていると伝えられた。株価は1ドル50セントまで下落している。調査会社ムーディーは、破産法の確率は7割に高まったと予測した。

    ≪12日の日経平均 = 下げ -177.87円≫

    ≪13日の日経平均は? 予想 = 下げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊 



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.