FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話
2009-03-15-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第13章 少子化って、なんだろう? ⑩

少子化が進むと、満15歳から64歳までの生産年齢人口、つまり働き盛りの人たちが大幅に減ってしまいます。たとえば07年には8301万人いた日本の生産年齢人口は、55年になると4595万人に減る見込みです。このことは前回、もう説明しました。

同時に満65歳以上の老齢人口は、急速に増えて行きます。07年の老齢人口は2745万人でしたが、55年には3646万人に増大します。このために社会的な負担をどうするか、という非常にやっかいな問題が生じるのです。この問題はいまでもすでに起っており、今後はしだいに大きくなると考えられています。

年をとって仕事ができなくなった人たちは、いま年金を受け取って生活しています。また病気のときには、健康保険を使えるようになっています。ところが、こうした高齢者のための年金や健康保険に必要なおカネは、働いている人たちが納める税金や社会保険料で支払われているのです。

07年の場合、老齢人口と生産年齢人口の割合は1対3でした。言い換えると、3人の人が納める税金や保険料で、1人のお年寄りを支えていたことになります。ところが55年になると、この比率は1対1.26になってしまいます。これでは働く人の負担が重すぎる。これが社会的な負担の問題で、働く人の負担を軽くするためには、消費税を引き上げるしかないと考えられているのです。

                               (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊 






ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.