FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
出てきた “回復の芽” (上)
2009-03-17-Tue  CATEGORY: 政治・経済
世界経済は、まだ厳冬のさなか。だが凍てついた大地のところどころに、景気回復の小さな芽が現われてきた。消費者心理や自動車の在庫、さらにはアメリカ大手銀行の経営面など。きわめて限られた分野ではあるが、回復への期待を抱かせる芽の出現であることに間違いはない。

意外なことに、回復の芽はまず消費者心理の好転に現われた。内閣府がまとめた2月の消費者態度指数は前月より0.3ポイント上昇した。この指数は1月の調査でも0.2ポイント上昇しており、これで2か月連続の改善。また同じく内閣府が実施した2月の景気ウォッチャ-調査も前月比で2.3ポイント上昇、これも2か月連続の改善となった。

アメリカでも、ミシガン大学の調査による1月の消費者信頼感指数が前月比で1.1ポイント上昇。じっさいに2月の小売り主要35社の売上高は、前年比0.1%減にまで回復した。なかで最大手のウォールマートは4.5%増と、はっきり持ち直している。

景気が回復に向かう過程で、ふつう消費が先頭を切ることはあまりない。アメリカの場合は減税の効果によるものかもしれないが、日本の場合はまだ対策を講じていないのだから政策のせいではない。おそらくは日米ともに、ガソリンをはじめとする物価の低下が、消費者の心理をやや改善させたのではないだろうか。

                                   (続きは明日)

    ≪16日の日経平均 = 上げ +134.87円≫

    ≪17日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


 ☆このブログから生まれた本です。 全国の本屋さんで、お求めください☆

                         

              経 済 脳 を き た え よ う !
                  こどもにもわかるレッスンブック

                         日本経済新聞出版社・刊    
                   
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.