FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 日本の中小企業 ②
2009-05-09-Sat  CATEGORY: 政治・経済
2) 複雑な定義 = 一般に中小企業という言葉は、大企業よりも規模の小さい会社ぐらいの意味で用いられることが多い。だが正確に言うと、その範囲は中小企業基本法という法律できちんと決められている。資本金の大きさと従業員数で規定されるが、業種によって細かく決められているので、その定義はなかなか複雑だ。

まず製造業の場合は、資本金が3億円以下または従業員数が300人以下の事業所と決められている。また卸売業については、この定義が資本金1億円以下または従業員数100人以下となる。小売業では、資本金5000万円以下または従業員数50人以下。さらにサービス業は資本金5000万円以下または従業員数100人以下というのが、中小企業の条件だ。

したがって製造業の場合は、資本金が3億円なら従業員が1000人いる会社でも中小企業。小売業では資本金が100万円で、従業員が3人でも中小企業だ。だから一口に中小企業と言っても、その内容は千差万別。これが中小企業の特色の一つだとも言えるだろう。

さらに中小企業のなかでも規模がきわめて小さい企業を、小規模企業と規定している。製造業では従業員20人以下。卸・小売業と飲食店を含む商業、サービス業では従業員5人以下がその定義だ。また別の法律で独自に中小企業を定義している場合もあるので注意。たとえば法人税法による中小企業軽減税率の適用は、資本金1億円以下の企業となっている。

                               (続きは来週サタデー)

    ≪8日の日経平均 = 上げ +47.13円≫

    【今週の日経平均予想 = 1勝1敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.