FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
驚くべき景気の急降下 : このあとは? (上)
2009-05-21-Thu  CATEGORY: 政治・経済
内閣府の発表によると、ことし1-3月期の実質GDP(国内総生産)は年率換算で15.2%のマイナスとなった。世界不況による輸出の激減が引き金となって、企業の設備投資や個人消費などの国内需要も大幅に減少。四半期としては、戦後最悪のマイナス成長を記録した。

昨年10-12月期のGDPについても、マイナス12.1%だった速報値をマイナス14.4%に下方修正している。2四半期にわたって2ケタのマイナス成長になったのも、戦後はじめての記録。リーマン・ショックのあと昨年10月以降、景気がいかに急降下したかを物語っている。この結果、08年度の実質成長率はマイナス3.5%となった。この数値も戦後最悪。

1-3月期の内訳けをみると、問題の輸出は年率70.1%と壊滅的な減少ぶり。企業の設備投資は35.5%、民間の住宅投資は20.0%、個人消費も4.3%と軒並み減少した。民間需要全体では12.8%の減少となっている。世界不況の直撃を受けたことに違いはないが、政府が3月まで何も手を打たなかったことも、事態の悪化を増幅させたと言えるだろう。

今後の見通しは、どうなのだろう。民間エコノミストの予測を総合すると、4-6月期はわずかではあるがプラス成長に戻れる見込みが出てきた。内閣府の外郭団体である経済企画協会が民間エコノミスト37人を対象に調査したところ、4-6月期の成長率予測は平均値がプラス1.1%となった。

                                      (続きは明日)

    ≪20日の日経平均 = 上げ +54.35円≫

    ≪21日の日経平均は? 予想 = 下げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.