FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
07年・経験則でみる株価
2007-01-05-Fri  CATEGORY: 政治・経済
日経新聞が07年の株価を予想する材料として、面白い過去の経験則を紹介している。それによると、戦後4回あった亥年には日経平均がすべて上昇、勝率は10割。さらに戦前の株価を当時使われていたフィッシャー株価指数でみても、3戦全勝だったという。

またアメリカの場合、ダウ工業30種平均は戦後15回あった大統領選挙の前年には15勝0敗という完璧な記録を残している。次の大統領選は08年だから、07年は経験則からみるかぎり上昇の公算がきわめて高いことになる。

ところが、西暦年号の末尾が7の年はダメだという経験則もあるという。戦後で上昇したのは87年だけ。前回97年にはアジア通貨危機が起り、日経平均は21%の下落。山一證券が自主廃業に追い込まれた年だった。

どちらの経験則が当たるのか。大統領選の前年ということでダウが上がり、その利益が日本株に回ってくるーーという論理にはある程度の説得力もありそう。一方、7の付く年には理論的根拠を見つけにくい。みなさんは、どちらに軍配を?

   ≪5日の日経平均 = 下げ≫

   【今週の日経平均予想 = 2勝0敗】

   Please click here ⇒ 人気blogランキングへ



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.