FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
エコカーの死闘が始まる (下)
2009-05-28-Thu  CATEGORY: 政治・経済
世界最大の自動車会社だったGM。破産法11条の適用によって、その経営はアメリカ政府の管理下に置かれる。政府はこれまでGM経営陣に対して、経営刷新の遅れを叱責。特にハイブリッド車などの開発に対する努力不足を追及してきた。その政府が経営権を持てば、ハイブリッド車の開発に全力をあげることは当然だろう。

GMはトヨタとの合弁で、北米に小型車の生産工場を作っている。この関係をもとに、トヨタとの提携強化を要請してくる公算も強い。トヨタとしても、アメリカ政府が全面支援する新GMとの関係強化には魅力があるはずだ。オバマ政権はトヨタやフィアットとの連携を強めながら、独自に政産学の力を結集してハイブリッド車の開発に全力投球することになるだろう。

世界の自動車産業は、不況による需要急減の大波をかぶり、すでに淘汰の動きが高まっている。その競争の中心線が、アメリカの新しい燃費規制によって明瞭にされてきたと言えるだろう。ハイブリッド車についてはフォード社も独自の技術を開発しているし、ドイツのフォルクスワーゲンなども侮れない伏兵だ。

日本はたしかに技術的に世界の先頭を切っている。しかしアメリカ市場を攻略するには、2000cc以下の小型車だけでは不十分だ。さらに技術開発を進めて、中型車の燃費を向上させること。車戴電池の性能向上なども必要不可欠。そのうえコストも切り下げなければ、これからのエコカー競争には勝ち残れない。

    ≪27日の日経平均 = 上げ +127.96円≫

    ≪28日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.