FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2009-06-01-Mon  CATEGORY: 政治・経済
寒流と暖流が入り混じる経済状況のなかで、先週は株価が健闘した。日経平均は297円の上げ。約7か月ぶりに9500円台を回復。3月10日に付けたバブル崩壊後の安値から35%の上昇となった。週末には悪化した雇用と改善した生産の統計が発表されて一時は戸惑ったが、結局は買い優勢で終っている。

ニューヨーク市場もダウ平均は223ドルの上昇。3か月連続の上げ相場で終った。あちらもGMの倒産という歴史的な大事件を控えながら、株価は1-3月期のGDPが上方修正されたことなどによく反応した。市場では6月1日に公表されるGMの破産法適用は完全に織り込んだ様子。話題はGMに代わってダウ平均に採用される銘柄は何か、に移っているようだ。

今週も上げ基調が続くのかどうか。答えを出すのはむずかしい。というのも日米ともに予測が困難な要件を抱えているからだ。まず日本の場合は円相場。いま1ドル=95円に接近しているが、これが94円台に突入すると株価には売り圧力がかかるだろう。

またアメリカの場合は、国債の大量発行による長期金利の上昇傾向。この傾向が続けば、株価は抑えられる。ほかに今週は1日に日本の、また2日にはアメリカの5月の新車販売。5日にはアメリカの5月の雇用統計が発表になる。失業率は前月比0.3ポイント上昇して9.2%になると予測されているが、株価はどう反応するか。

    ≪1日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.