FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
残業料の減少も 止まったが・・・ (下)
2009-06-05-Fri  CATEGORY: 政治・経済
鉱工業生産は3月から前月比でプラスに転じ、4月は5.2%の増加となった。製造業の残業時間増加は、この生産の持ち直しと全く符合している。いま各メーカーは生産を増やすときに、新たな人員はできるだけ増やさない。既存の従業員の勤務時間を増やす、つまり残業の増加で対処しようとしているわけだ。

経済産業省の予測調査によると、5月の生産は8.8%の増加。さらに6月も2.7%の増加が見込まれている。したがって5-6月には、さらに残業時間が増えると期待していいだろう。だが、その先の見通しは不透明だ。欧米各国の景気動向からみて、輸出が急速に増加する可能性は低い。国内の需要が一気に上向く兆しもない。

残業時間がある程度まで増えると、メーカーは新規の雇用増加に踏み切ることになる。そこまで行けば雇用情勢も好転して、景気も本格的な回復に向かう。だが残業時間がそのレベルにまで達するのかどうか。4-6月の生産はV字型の増加になるが、7月以降はその反動で再び調整期に入る可能性もなくはない。

生産増→残業増の好ましい行程が、秋ごろまで続けばいい。だが息切れしてしまうと、そのときは内需の拡大政策に頼るしかない。またまた追加補正予算の議論が、にぎやかに展開されるだろう。総選挙をギリギリまで引き延ばすと、そんな環境のなかでの選挙戦になるかもしれない。

    ≪4日の日経平均 = 下げ -72.71円≫

    ≪5日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング




    
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.