FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2009-06-08-Mon  CATEGORY: 政治・経済
いまの景気は底入れから、回復への第一歩を踏み出そうとしている段階にある。こうした局面では、必ずいい指標と悪い指標が混在する。日米ともに似たような局面だが、日本の方が生産の急回復を受けて少し元気が出てきた。株価はその辺の空気を敏感に感じ取り、いまは少しずつ水準を切り上げている。

今週は8日に5月の景気ウォッチャー調査、9日には4月の景気動向調査。10日は5月の企業物価、11日には1-3月期GDPの改定値、12日には5月の消費者態度指数が発表になる。企業物価を除けば、おそらく上向きの結果が出るだろう。

アメリカでは、10日に4月の貿易収支、11日には5月の小売り高。12日にはミシガン大学の6月・消費者信頼感指数が発表される。また8日はストレステストで資本不足と判定された大手金融10社の資本増強策が公表される。市場がこれをどう評価するかは、なかなか微妙だ。

ほかに今週は中国の指標がずらっと発表になる。11日に5月の固定投資実績と貿易収支。12日には5月の小売り高と鉱工業生産。中国の景気回復が順調に続いているのかどうかを占うことができる。最後に国内に戻って麻生首相。10日に温暖化ガスの中期削減目標を決定する。産業界の要求を容れるのか、国際的な評価を重視するのか。

    ≪8日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.